東京雑記

東京を伝える。今を伝える。歴史になる。

アフィリのノウハウは無料で手に入る

f:id:Tokyo_BBS:20181013211304p:plain

 

アフィリサイトのノウハウ

有料商材を買う必要があるか?

有料商材を購入する前に、ASPの情報を丁寧に読み解いていくとよいと思う。参考にしているサイトの完成度を観ると、ハードルの高さが伺える。つまりは、そこまでの完成度の高いサイトを構築していかないと稼げないのか、と思う。

 

SEO対策も細かく提供されている

今まで、わかったつもりで観ていなかったが、あらためて読んでいくと、丁寧に広告掲載の位置や書き方を指導している。有料商材の内容を無料で提供している。しっかり読み込んで、指導に従ってやってみてから高価な商材を買ってもよいのかもしれない。

 

アフィリサイトを産み出し、育てる

これなのだ。100記事を書く中で、何があたるワードなのか。どういうサイトで構築するか。SEOには何が必要か。記事を書く速度や構築方法。これらを学んでいくことができるので、雑記記事100記事は無駄ではない。無駄ではないが、それだけをしていても難しい。記事を書け! リライトをしろ! Google search consoleをやれ!PDCAを行え! これらをすることで、気づく。アドセンスをおこなっていないので、成果発生はAmazonしかない。ASPでは発生していないのだ。雑記ブログでASPで発生させることは偶然でしかない。

 

特化型ブログをつくる

ブログやWEBの素人でなければ、特化型ブログから入ってもいいと思う。確かにリスクは高いとは思うので、雑記ブログから入り特化型ブログに入るほうがスムーズだと思う。

 

なんとなく矛盾

修業は必要ない。ノウハウは学べる。というWEB業界において、ノウハウでなく、WEB100記事ノックのような勘を育てるやり方が合理的なのかは、なんとなく疑問を感じる。ノウハウはASPのアフィリエイタ―の支援記事にほぼ書いている。実行ができるかどうかでいうと、ハードルが高い書き方なので、初心者には難しいかもしれない。

 

ASPの無料で手に入るノウハウを読みこめ

ノウハウを読み込んで、サイト設計をして、サイトをつくる。

 

・記事

・画像

・デザイン

・ドメイン

・サーバー

 

これらを整えて、公開する。これすらもいくつかの副サイトを作って、どのように育つか、PDCAを繰り返していく必要がある。ここがスタートラインではないだろうか。