東京雑記

東京を伝える。今を伝える。歴史になる。

20代を東京で働くメリット

東京に暮らして、20年。

20代で東京にでてきて、そのまま就職し、仕事をしている。

 

生活していて、思うのは、20代~30代は東京で働くほうが刺激もあり、出会いもある。東京の生活で軌道に乗る人と暗闇に落ちていく人がいるのも事実。これは地方都市でもあるかもしれないが、東京には、昼の顔と夜の顔がある。学生や新入社員など、東京に憧れがあり、生活に馴染んでいない人ほど、この夜の顔が優しく近づいてくる。

しかも、東京では、落ちるのは一瞬である。這い上がるのには3年かかる。

 

新宿、渋谷、六本木、恵比寿、中目黒、下北沢、等、それぞれの街にはそれぞれのルールがある。街のルールを知らないで、その街で遊ぶことは極めて危険だ。昼間はよい。昼間とは違う顔が夜の街にでてくる。路地裏や繁華街。闇は日常生活のすぐ横にある。それが東京という街で、昼間の生活の人は、夜の街には気づかないで生活している。

 

東京で生活する上で、何らかのネットワークやコミュニティに属することはおすすめする。そうでないと、孤独だ。職場のコミュニティ以外のコミュニティに属することを薦める。

 

「TokyoDive」というサービスがある。多様な働き方と住まいを同時に提供し、コミュニティもある。

 

TokyoDiveは、東京で働きたい若者に多様な働き方と住まいを同時に提供するサービスです。 ご紹介するお仕事は、正社員、派遣、紹介、紹介予定派遣と雇用形態も様々です。 お仕事の提供だけではなく、東京での新居選びも一緒にサポートするのがTokyoDiveです!

東京で働く!仕事と住まい同時提供TokyoDive

 

こういうサービスを利用することもひとつの手だと思う。