東京雑記

東京を伝える。今を伝える。歴史になる。

40代の転職 年収とスキル

40代で転職することになったら、どういうふうに動くだろうか。

 

私が「転職」をすることになったのは、会社の経営状態の悪化によるもの。

同業他社への転職が一番よいのですが、うまくいくかは、わかりません。

それでも、今よりは精神状態もよくなると思うので、動きます。 

tokyo-bbs.hatenadiary.jp

 

人生で5回目くらいの転職ですが、これまで就職活動を一切したことがありません。 

転職サイトに頼るか、起業するのか、知人を頼るのか。いずれにせよ、何かで食べていく糧を得ていかなくては。起業+副業という選択肢で考えているのだけれども、ここからは、まずは支出をおさえていく必要があります。

40代の転職

妙案も思いつかないため、半年から1年は立て直しの期間として、食べるために働き、身体を壊したら、それこそアウトになってしまうから、健康に働くことを第一にします。

 

健康

まずは健康を維持していくことが最優先にして、身体と頭が動けば、なんとかなるし、復活もできると思う。復活のシナリオは再現性はあると思うし、チャンスは前髪で掴むということも体験しているので、動ける位置で、食べるための仕事をしていきます。

 

《今日の1冊》

「転職と副業のかけ算」

 

 ★発売一週間で即重版! 3万部突破
「転職アドバイスが的確すぎる!」「motoさんの発言を参考にしたら年収が上がった!」など、各種SNSで圧倒的支持――! 年収240万円の地方ホームセンター勤務から、4度の転職と副業を駆使して年収5000万円を稼ぐようになった「次世代型サラリーマン」の初の著書。

(Amazon紹介文より)

 

年収について、とある人のケースとして

 

20代   年収200万円

30代前半 年収300万円

30代後半 年収400万円

40代前半 年収500万円

 

この人が転職を考えるとします。40代で年収500万円は高くはないけれど、最底辺すぎる金額ではない。年収倍増をしていくには、体力を維持しながら、考えながら、80代まで長く働くことが必要になってきます。

 

原因と結果

本当に嫌なことを極力やらないで、20年生きてきたので、今更、そのベースを変えることは難しいし、好きなことを続けて、やっていくことが結果につながることも肌でわかっているので、チャンスをつかむ動きをしていこうと思います。その間で、食べるための仕事もします。ただし、身体を壊す働き方はしません。

 

「転職」が遅れた原因は、35~40の5年間にある。正直、うまくいっていました。この売り手市場のときに動かなかったため、「転職」のハードルが高くなりました。『勘』と『安定』を天秤にかけて、5年動くことが遅くなった。これは悔やんで仕方ありません。

 

今、ここから始まります。たしかに、自分を見つめなおしていく、きっかけにも「転職」はなりますね。