東京雑記

東京を伝える。今を伝える。歴史になる。

個人事業主は失業保険を受けられない⁉

はじめに

2020年2月に個人事業主の「開業届」を税務署に提出しました。

3月~5月の仕事は埋まっており、営業努力で6月~8月まで、仕事はありました。

しかし、コロナショック!!!!

4月以降の仕事が飛びました。

 

個人事業主は失業保険を受けらられない⁉

巷のこたつブログでは、「個人事業主は失業保険を受けられない」と書いてありました。開業届を出す前に、失業保険を出して、認定期間で、開業届を出せば、失業保険の再就職手当が受けられるという裏ワザ紹介でした。

 

開業届を出していたので、正直、失業保険は諦めていました。

しかし、4月以降、仕事がふっとび、なりふりはかまっていられません。

 

知人のアドバイス

とりあえず、「失業保険」は申請しておけ、というアドバイスを知人からもらい、ハローワークへ通いました。

 

コロナショックのハローワーク!

いいですか? これは動いた人だけの経験です。

失業保険がもらえるなら、いますぐ、ハローワークにいって、長期戦を覚悟で、穏やかに申請をしていくとよいです。今のコロナショック!を行政は理解しています。とりあえずは、この1カ月です。

 

方針が変わったのかも⁉

憶測ですが、まず1カ月は、ほぼ無条件で、給付し、情勢を見ながら、元に戻す、という対応のように感じました。今は、非常事態であることを、ハローワークは理解しています。

 

2020年4月21日某都内の事例報告

失業保険の資格があれば、個人事業主で開業届を出していても、

条件があえば、(この条件は今のコロナショックの情勢ではだれもがあてはまります)失業保険は受けられます。

 

粘り強く申請を出すことが必要

用意するものもいろいろあるし、私は3日ほど、ハローワークに行きました。

待ち時間でイライラしては損です。一日ですべてを行おうと思わなければ、滞在時間は各日1~2時間程です。1日で済ませようとすると、少々ストレスになると思います。

かつ、待った上で、必要書類がないから、「もう一度来てください」と言われて、めちゃくちゃ怒っている人もいます。

でも、それはあなたの落ち度です!

 

一所懸命に危険を顧みず、職務を行っている職員のみなさま。

感謝です! 感謝しかありません!

 

必要書類は用意していきましょう!

今は、非常時です。必要書類は、用意していきましょう。

・住民票、マイナンバー

・身分証

・写真(サイズ指定あり)

 

ハローワーク用の住民票は無料

ちなみにハローワーク用の住民票の写しの取得は無料です。

 

窓口で声を荒げる前に、やるべきこと

申請するハローワークのWEBサイトや窓口でくまなく、情報をチェックしましょう。

言い争いは、100%無駄です。職員の方は、不正受給を阻止しようではなく、このコロナショックで苦しんでいる方を、助けてくれようとしているのです。それは、ビシビシ感じました。

 

潔く、必要書類を確認して、出直しましょう

万が一、不備があって、再度訪問になっても、それは受け止めてください。

コロナショックで失業して、失業保険を受けられる人は、迷わず、申請してください。

ただでさえ、コロナの最前線に立って、職務を遂行する窓口の方に対して、

畏敬の念で、接してほしいです。私は、感謝しかありません。

 

もっと具体的なことが知りたい人へ

そうやってネットのこたつ記事を信じてしまうところを変えてください。

ご自身の管轄のハローワークのサイトに必要事項は書いております。

 

ひとつだけ言えること

個人事業主は失業保険を受けられない!

 

そう書いた「こたつ記事」のブログは、大嘘です。それだけは言えます。

個人事業主の開業届を出しても、

コロナショックの今は、失業保険を受けられます!

 

以上です!

 

<今日の補足>

(個人事業主はfreeですね!)※会計ソフト「free」のことです。

 

※エンジニアの方は、Freetoの案件がおすすめです。 

フリーランスエンジニアに安定稼働案件を豊富に紹介【Freeto】

 

※フリーランス向けの請求書のファクタリングサービス 

フリーランスのファクタリングなら「請求書先払い」

【本日の参考書】

  5分でわかる10年後の自分 2030年のハローワーク