東京雑記

東京を伝える。今を伝える。歴史になる。

フリーになって、思うこと

2020年2月にフリーランスになり、個人事業主開業届を提出。会計ソフトを購入し、会計をつけはじめる。簿記の経験はなく、毎回調べながら、つけている。

会社員とフリーランスの違い

まず会社員との違いは、年金、税金、保険などが天引きでなく、自分でおさめなくてはならないことです。会社が払っている分がないため、年金がかなり痛いです。支払いというよりも、NISA等への加入をしないと国民年金だけでは、今後厳しいのです。

法人化して、経費処理していくことが一番望ましいとは思いますが、個人事業から始めて、法人成りをする方法を選びました。

 

ジョブとビジネスの違い

労働と商売の違いですね。日本のほとんどの労働者が中小企業に勤めています。アットホームな企業が多いと思います。日本型企業は家族的な関係をつくります。そのため、労働しているときには、真剣に考えて来なかった、「誰に何を売るか?」というビジネスの基本を、フリーランスになって、常に考えて、行動することになりました。

行動しなければ、仕事(お金)は生まれない!

誰も仕事をくれるわけではないし、「お仕事ください」と御用聞きをしていたとしても、「何を売るか?」を明確にしておかないとビジネスチャンスを逃してしまいます。

一日中、テレビや映画を観ていても、仕事にはなりません。それをネタにブログを書いたりして、気休めはしますが。

 

雑談が大事

これまでは「出社」という強制があったため、毎日、動いて、他人と話をすることもあり、雑談もします。若い時は、同僚とも飲みにいったりしていました。中年になってからは、若手社員と飲みにいくこともありました。会社のことや、仕事のことを会話して、楽しく過ごしていました。この手のコミュニケーションはフリーランスでは自分から発信していかないと関係をつくっていくことは難しいです。

 

雑談から得られる知識や発見がたくさんあるので、

雑談をどのくらいできるか、どれだけ興味を持てるか?

そのあたりの知見も大切になります。

 

フリーになって、よかったこと

フリーになってよかったことは、たくさんありますが、自分で行動を決められることです。その分、時間の使い方やお金の使い方に責任を持たなくてはなりません。

そういう意味でより今までよりも、強く「自立」を感じられたことと、自らがお金を稼ぐことによって、「なんとか生きていける」という手ごたえはありました。

さらに、「好きなだけ勉強ができる!」これは大きい変化でした。

日本の教育

日本の義務教育は、給与をもらうことを肯定する教育です。能力がある人が報酬を手にする「能力主義」を打ち出しながら、「自由主義」と呼ばれる考え方とは距離を置き、ひたすら「資本主義」を進めてきた。それは統治者にとっては都合がよいが、今のような教育格差を生んでしまう。そして、「新自由主義」を標榜する者が現れてしまう。

社会のしくみを知る

「資本」とは何か? 「生きる」とは何か?社会のしくみを知ることは、義務教育では教えてくれない。フリーになって思うことは、「生きる力」を義務教育で培うことが必要だと思うし、義務教育期間に「生きる力」を教育を受けた子供と、従うことが評価と教えられた子供では、すべてが違う価値観になります。

 

すべては自由

破滅も、成功も、すべては自由です。家父長制や家族による連帯保証人の制度も、治安維持や先代の権力者が考えた制度。価値観とは揺らぎの中にあります。フリーになると、そのことに気づきます。

 

(明日以降に、続きます)