東京雑記

東京を伝える。今を伝える。歴史になる。

アフィリエイトというビジネス

アフィリエイトに挑戦をはじめて、あるいは学び始めて、4か月。結果はでていない。PDCAを繰り返している。

 

 

アフィリエイトというビジネス

アフィリエイトというビジネスは、モノやサービス=「商品」を紹介し、そのインセンティブを得るビジネス。固有のブログやサイトで影響力を持ち、紹介することで、支持層が購入する場合と、SEOやPPCで顧客層へダイレクトへ訴求する方法がある。

 

アフィリエイトとは何か?

ZOZOやAmazonもアフィリエイトである。宣伝よりも、倉庫や物流をおさえることで、より「価値」を創造した。「量」と「時間」というオリジナルの価値を創造した。

アフィリエイトのビジネスの永続性

成果報酬なので、広告主にはデメリットはあまりない。あまり、というのは不正を行われた場合の対処だ。売れた分のインセンティブを受け取るという手法は、ネットワークビジネスが基本原型にある。あるいは保険などの代理店契約も同様である。

 

アフィリエイトに必要なことは最終的にはビジネススキル

セールスライティングやUI、サイトデザイン、SEOなどテクニックや経験で補える部分はあるが、稼げるか、稼げないかは、経営者のビジネス感覚になる。テクニックを極めるのは、外注スタッフや常駐でもスタッフやブレーンとしての活躍になると思う。他のビジネスに比べて、圧倒的に参入障壁が低いことは事実としてある。

 

キーワードではなく、商材(商品)との出会いが重要

キーワードやライティングは確かに重要。それよりも重要なものは「商品」だと思う。本来、リスクを負って、仕入れて販売しなくてはならない「商品」をノーリスクで仕入れて、販売できる。これがアフィリエイトのよいところである。実際に仕入れるわけではないのだが、仕入れるリスクを考えて、商品を選ぶ。そうすると、売れるものを売る、ということになっていく。

誰から買うか?

「商品」をとことん理解し、営業すると「売れる」これは事実。かつて、「営業」をやっていた時代に、ラポールだの、クロージングだの、手法を学んだ。先駆者はジャパネット「タカタ」。正直、完璧。高揚感と煽りで、ついつい買ってしまう。私が購入したことがないのは、テレビショッピングを利用したことがないからであり、利用したことがある人は、Amazonのようにどんどん買うだろう。

 

大事なものは「商品」

大事なものは「商品」である。アフィリエイトのビジネスは、ジャパネット「タカタ」になることである。商品の魅力を最大限伝える。さらにお得にする。(おまけをつける)ことで、販売をする。

 

実はなんでも売れる

商売人なら、ご存じのことだと思う。実は、どんなものでも売れる。「メルカリ」が証明しているように、世の中には、多数でなく、少数は、そのものを買う人がいる。たとえば、河原の石でも、売れる。たった1個かもしれないが、売れる。

 

アフィリエイトで大事なことは「商品」選び

アフィリエイトで大事なことは「商品」選びだと思う。売れるもの、戦略的優位のあるものを仕入れて、売る。そこで粗利を稼ぐ。

 

自分がほれ込む商品を探せ!

アフィリエイトビジネスは、目利き。よい商品をよい顧客に売る。代理店ビジネス。なぜ、この話をしているか?それは、

消費は0.2秒で起こる! 人を動かす「脳の法則」

 

これを読んだから。詳しくは買って読んでください。

アフィリエイトで生計を立てるなら、必読。

教えたくないけど、「価値」あるものが売れる、という、そう学んだ。